2006年08月28日

シュレーゲルアオガエルとカスミサンショウウオ

frs.jpgとりあえず長期無給休暇中ですが(爆)
収入はなくとも、カエルやサンショウウオはお腹が空くということで、近所の原っぱ等でスイーピングには励んでおります。
夏ともなるとバッタなどの虫がたくさん出て来て、しばらくは餌採りに困りません。大人シュレーゲルも、ますます太ってきた感じです。
オタマジャクシから成体になった3匹の子シュレーゲル。こちらのケースも流石にショウジョウバエが湧かなくなったので、バッタの幼虫などを与えていました。

処暑を過ぎ、アチコチからコオロギの声も聞こえてくるようになり、ますます餌採りも楽になったかと思いきや…。バッタもコオロギもちょっと「デカい」。大人シュレーゲルならまだしも、子供シュレーゲルの口に合うサイズの虫を採るのが、最近はかなり難しくなってきました。必死で探して、写真の様なのを捕まえてきましたが、こいつはクビキリギス。見るからに邪悪な面構えをしていて、しかも体長は子供シュレーゲルとどっこいどっこいのサイズ。鋭い歯も持っているので、さて食べられるかどうか(~_~;)

そう言えば、前にキリギリスが家に迷い込んできたので、コオロギやバッタと同じプラケに入れといたら、キリギリスが全部食っちまったしなぁ(i_i)
ま、一応、食欲は見せている様で、子供シュレーゲルたち、クビキリギスの幼虫を追い掛け回してはいます(^_^;)

kasmi_8.jpg
こちらはカスミサンショウウオ。なんとか夏場を乗り切れそうです。最近はワラジー採りに行けていませんが、初夏に採っておいたものが、勝手に増えているので、餌には困りません。でも、さすがにワラジーも減ってきたかな?
アカムシなども与えていますが、そろそろ釣餌屋さんも入荷が滞りがちなので、さて…。もう少し涼しくなってきたら、ピンセット給餌にも挑戦した方が良さそうです。
posted by 水族館長 at 15:06| Comment(9) | TrackBack(0) | 今日の独白(嘆き) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。