2006年03月11日

いつだって代わってやる!

この水族館が、「こんなことやってて、スポンサーが付くはずもない」と嘲笑されていることは知っています。
私自身、こんなことでスポンサーが付くとは思っていません(^_^;)
閭巷から千里の馬を探しだして顕職に付ける度量のある人間は、何時の世にも希有です。例えば今の我国にそういう賢人がいたとして、しかも大企業や官公庁の事業を采配する立場の方であったとしても、そういう地位の人がインターネットを駆使でき、かつ「Deca-J水族館の記事」まで辿り着くとは到底思えませんから。
まして、私は千里の馬ではなくて駑馬ですし…。

駑馬が賢人ならざる人の目に止まるようにするには、一つには駑馬の方から押し掛けていくという手があります。
しかし、この駑馬は、押し掛けていくための条件(コネとかそういうことではないですよ。形だけでも良いから何らかの経済的な成果を上げていないとダメなんです)さえ満たしていないので、この手は無理。って言うか、駑馬でもなくて木馬だな、私は(^_^;)
次善の策としては、何らかの運動にして、その運動を大きくし、嫌でも人の目に触れさせるという手がありますが、そこにとらわれると、運動を大きくすることが目的になってしまう恐れがあります。
これでは、有名になるために事件を起こす幼稚な輩や、過激なデマゴーグを繰り返すプロ市民活動と何の違いもありません。程度が低すぎます(~_~;)

実は、運動というものは私はやりませんが、今までにもメダカの保護や児童文学や、その他諸々「何とかしたい」と思うことが多々ありまして、「何とかしよう」と色々とやってきたのですが、その時に多くの方に、この“次善の策”を薦められました。
「きみ、そんなことではダメだよ。物事にはやり方というものがあるんだよ」と…。
ところが、この方々、私が「解りました。やります。やりましょう」と言うと、必ず音信不通になってしまうんですよね(^_^;)
って、愚痴ばっかり言っててもしょうがないのですが、個人ならともかく、(大小強弱を問わず)既存の組織が新人に協力してくれることはまずありません(妨害しようとしないのは良心的な方です)。
ですから何かをやろうと思うのなら、同じ途上の“個人”同士で意見交換を続けながら、徐々に大きな動きにしていくしか、方法はないのです。

そのための拠所。つまり良識ある生き物好きの梁山泊となることを期待して、私はDeca-Jを立ち上げました。
私自身が明確なビジョンを持っているわけではなく(それがイカンのかもしれないけど)、飼育情報をはじめ色々な情報交換を繰り返しているうちに、「何かをやろう」という意見が出てくれば、“個人”の集まりとして協力しあいましょうと、そうなるかもしれないし、ならないかもしれない。
水族館設立というのも、その「提案の一つ」のつもりで、「何が何でもやる」と言う気持ちでもないですし、他のことについても「俺が正義だ!言うことを聞け!」とやるつもりは全くありません。

今、私は代表を僭称していますが、他の方が代わってくれても良いですよ。いつでも代わります。
水族館についても同じ。どなたか実力のある方が「よし!俺がやってやる」とおっしゃるなら、いつでも館長をやってください。
でも、その時は、私を雇ってね。掃除でも何でもやります(^_^;)
posted by 水族館長 at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の独白(嘆き) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。