2006年03月27日

水族館でオークションなんて、やるか!?

前項では興奮しまくっとる様に見えるでしょう(^_^;)
旧知の方は「おやおや、この男また吠えとるな」と苦笑モードだろうし、プアマリナ初心者の方は「何こいつ? ○○か?」と失笑モードでしょうね。
ふっふっふ…。両者の度肝を抜いてくれましょう。

Deca-J水族館では、繁殖個体の生体販売オークションを開催する計画があります。


どうでしょう。世間で“銭儲け根性丸出し”と批判され、自然の中で平穏に暮している(らしい)生き物を無理矢理捕まえて見せ物にする水族館。このDeca-J水族館は、生き物を増やすという飼主の愛情(=安易なブリーディング)に反対の立場を採り、しかも飼育者が愛情込めて育てた生き物を自然に帰す行為を(例外を除き)認めません。
尚且つ(環境再生を曲解した)繁殖個体の放流(=放逐)に批判的で、自然界へ帰してやるぐらいなら「他人に売れ」とまで言っているのです。
まさに極悪非道ですな。「自分は良いけど他人はダメ」の典型ですか(^_^;)

儲かりまっせ。やめられまへんな。
ただし、Deca-Jオークション(仮名)に出展するには、必ず「売主誓約書」にサインしてもらう必要があります。またDeca-Jオークション(開催未定)で生体を購入する場合には、必ず「飼主誓約書」にサインしなければなりません。その上、採取個体の販売は一切禁止。
面倒くさいでしょう? それでも売りたい。あるいは買いたいと思う方は“それだけ意識が高い”はずです。賈道は信頼関係が全てですな(^_^;)
意識の高い飼育者から、意識の高い飼育者へ。こういうオークションは是非ともやるべきではないでしょうか。
ちなみに、私は意識が低いので、主催はしても出展はしないと思います(T*T)

で、まだまだ草稿レベルですが、売主・飼主誓約書をこの様に提案してみます。
http://decapod.or.tv/pledge.html

他にもあるかな?
posted by 水族館長 at 17:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 気を取り直して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このイエローブーツは簡単なデザインが持って高い人気を誇っています。ゴム靴底で、アンチスキッド性能が高くてhttp://www.timberland1jp.comに向けます。靴は高級皮革から作られて、柔らかくて快適です。それに、耐久性も上手です。シームシール構造で、完全防水性能が実現できます。
Posted by ティンバーランド at 2012年02月07日 17:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15570016
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。