2006年05月29日

どの生き物という訳ではないが…。

少しでも安いのを買いたい気持ちは、私には解りすぎるぐらい解りますが、一つ「なぜ安いか?」を、買う前に考えてみようじゃないですか。
生態も餌の種類も全く違う生き物を、経費削減だけを目的に、同じパッケージ、同じパッケージ内環境、同じ売り方、ほとんど投げやりな飼育方法の説明で、また、ラベルだけ替えて中身はほとんど同じ“専用器具”あるいは“専用餌”とセットにして売り捌こうとしている会社あるいは店舗なんて、見かけたことはありませんか?
こういう消耗品以下の扱いをされた生き物は、購入時点で相当なダメージを受けていますから、買っても長生きさせるのは難しいです。見かねて助けてやろうという気持ちも、これまた解りすぎるぐらいに解るのですが…。
“専用品”を使えば、場合によっては素早く死なせてやることは出来ますがねぇ。「苦しまないで」ではないので、お薦めできません(~_~;)
つまり、「安いの」を買うのは決して悪いことではありませんが、「安い理由」には拘った方が良いと。一時の感情に流されずに、考えてみて欲しいです。

但し「高ければ良い生体」というのも、中々ありえないので困るんですよね。
特に、ネット通販・ネットオークション等で「レア」と称するものを売っている業者の場合、同じ業者が「ノーマル」と称しているものでも、全く信用できません。
ペット業界は意外に体質が古くて、昨日や今日ネット販売を始めたような業者に「レアかつ健康」な生体が卸されることは、まず考えられません。「レアだけど衰弱しきっているもの」か「ノーマルなのに業者自身が騙されて買ったもの」か「端から詐欺」である可能性が高いです。
自家繁殖させて売っている人なら、大事に飼ってもらいたいと思うのが普通ですから、「ノークレーム・ノーリターン」などという軽口は叩きませんしね(^_^;)

生き物を消耗品以下に扱っている業者から、“死ぬのが判っている”生き物を、あなたは買いたいですか?
生き物を販売していながら、他の業者に騙されるような“知識のない”業者から、あなたは買いたいですか?
平然と詐欺を行うような(以下略)
posted by 水族館長 at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 気を取り直して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18558416
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。