2006年06月06日

シュレーゲルアオガエル

読み返してみると、我ながらさっきの記事の意図がよく解らん(^_^;)
「B化庁への悪意だけは伝わってくる」とか「モリアオガエルの保護に反対なのか?」とか、また曲解した短絡な誹謗中傷が多数、寄せられそうですな(~_~;)

frog.jpgB化庁への遺恨はともかくとして、別にモリアオガエルの保護に何か言うつもりはないですけどね。
モリアオガエルと言えば、半ば冤罪で悪者にされてしまうイモリを、私は好きなので、ちょびっとはねぇ、ナニですけど、概ね“棲息地の生態系ごと保護”しようという空気を感じますので、むしろ好意を持っていますよ。
でも、そうなるとシュレーゲルアオガエルの立場は?

シュレーゲルはB化庁及び文化Tの息の掛かった自治体に、天然記念物指定されていないおかげで、オークション他で酷い扱いを受けずに済んでいます。
繁殖期でも、ゴッソリ捕獲しにくいことも幸いしていますかね。
ただ“減少の主たる要因”つまり“棲息環境の急速な悪化”及び“棲息域の激減”は、両種とも共通しているのです。むしろシュレーゲルの方が先に絶滅するんじゃないかと、私は感じているのですが。
いや、また話が止めどなく横道に逸れていきそうなので、皆まで言うまい(^_^;)
マスコミ的に話題性のある生き物とか、自治体的に観光の目玉になりそうな生き物ではなくて、世間的には地味な生き物の方が好きな私の、個人的かつ感情的なボヤキだと思ってください。
ただ、これだけはハッキリ言っておきますが、シュレーゲルアオガエルを天然記念物にだけは指定しないでください。
posted by 水族館長 at 19:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 気を取り直して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
て言うか、存在自体知られていないのでは?B化庁の役人には。
カエル好きの私でも、野生の個体は2回しか見たことないですから。
声は良く聞くんですけど(^^;
カエル好きじゃない人には、ただのアマガエルでしょうしねぇ。
たしかに、その方が幸せかな。
Posted by 波風 at 2006年06月07日 21:58
で、田圃に流れてきた卵嚢見て、「誰や?こんなとこにツバ吐いたのは!」とか言うんでしょうね(^_^;)

アマガエルも、色変個体とか血眼で探してるヤツもいるらしいですよ。
Posted by プアマリナ at 2006年06月07日 22:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。