2006年06月22日

代置種とか亜種とか近縁種とか、よう解らん。

アマミアオガエルは、シュレーゲルアオガエルの代置種だと云われているそうです。代置種と言うのは、先祖は同じ生き物だったのが島嶼などの孤立した環境で別の進化をしたもの。
で、アマミアオガエルはオキナワアオガエルの亜種だとも云われています。オキナワアオガエルはシュレーゲルアオガエルの近縁種だと云われています。確かに学名を見ると、シュレーゲルアオガエル Rhacophorus sclegelii 、オキナワアオガエル Rhacophorus viridis viridis 、アマミアオガエル Rhacophorus viridis amamiensis となっていますから、そうなんだけど、じゃあ、オキナワアオガエルは何でシュレーゲルアオガエルの代置種ではないのかな?
そうなると、アマミアオガエルがオキナワアオガエルの亜種ではなくて、アマミアオガエルの方が基亜種なのではないでしょうか??
つまりオキナワアオガエル Rhacophorus amamiensis viridis 、アマミアオガエル Rhacophorus amamiensis amamiensis とは、何故ならないのか。
今さら、学名とか変えると分類学上の決まりごとが覆るから困ると考えるから?

さて、本文中に何匹のカエルが出て来たでしょうか?
posted by 水族館長 at 11:22| Comment(5) | TrackBack(0) | 今日の独白(嘆き) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何匹のカエル?
…さ、さ、さ…三匹でしょうか?!いや、三種類…?私も図鑑などを見て、こいつらの関係はつまり何なんだろう?とよく思います。我が家のシュレちゃん達って、謎だらけなんですよねー。餌は、小さい虫が水を求めてか、むしかごの蓋の格子の隙間から侵入して餌食になっているようです…。コバエ達みたいですが、おかげで家族達もシュレちゃん達を認めつつあります。
家族で爬虫類や両生類まで好きなのは私だけなんでですね。世の中人気なのは哺乳類や鳥類だけではないのにと思う今日この頃です。
Posted by K.M.F. at 2006年06月28日 01:44
K.M.F.さん、こんにちは。カエルの匹数は洒落ですので(^_^;)

> 世の中人気なのは哺乳類や鳥類だけではないのに
同感です。試みに我が家の生き物を並べてみると…。
刺胞動物門 花虫綱 イソギンチャク目1種。
節足動物門 軟甲綱 十脚目(コエビ下目、ヤドカリ下目、カニ下目)数種、等脚目数種、端脚目1種。昆虫綱 鞘翅目数種、双翅目1種。
脊索動物門 脊椎動物亜門 硬骨魚綱 スズキ目2種、メダカ目1種。両生綱 有尾目(イモリ亜目、サンショウウオ亜目)2種、無尾目(ナミガエル亜目)数種。鳥綱 オウム目1種。
うーん。こうやって書くと意味解らん。それに爬虫綱と哺乳綱は飼ってないな(^_^;)
いわゆる動愛法上「生き物」と扱われるのは、インコだけですわ(~_~;)
Posted by 館長(プ) at 2006年06月28日 11:24
いろいろ世話していらっしゃるのですね!
動愛法は、これはこれで際どいものに思います。
生きて動いて生命活動を行ってりゃ『生きもの』では!?なんて思ったり。
詳しくはどんな分類になっているのかは存じませんが、私たちが愛護しているかぎり、彼らも立派な『生きもの』ですよね。私のもとに今いる生きものは、簡単にいうと、
セキセイインコ一羽、クサガメ二匹(大&小)、グッピー十数匹、アフリカツメガエル二匹、シュレーゲルアオガエル五匹、ツバメ一匹、ホンモロコに似た魚一匹です。
インコは買いましたが、クサガメ大は数年前に弟が縁日のダーツで当ててきて飼育放棄したものを保護。クサガメ小は高校の敷地内でグッタリ行き倒れているのを保護(毎年敷地内で繁殖してるらしい)。グッピーは、生物部で飼育しているものが増えすぎたため数匹譲り受け。アフリカツメガエルは他校で増えすぎたオタマを生物部が大量にもらい、それをさらにもらった。シュレーゲルアオガエルはご存じの通り(最近餌食いが悪くて心配です)。ツバメは先日近所で保護。巣を人為的に駆除されてベランダに雛が放置されていて、一匹だけ落ちたらしい。モロコは父がどこぞの川で獲ってきたとか。まったく、小規模な鳥獣保護センター状態です。ツバメは本当に可愛そうです。巣のあったそこは店らしく、一階の店のうえに家があるようす。二回のベランダに巣はありましたが、おそらく糞や鳴き声が原因でしょう。身勝手な人間によりはぐれてしまった雛。一応元気にミルワームを食べてます。たぶんあの店にいいことはなくなりますよ。

あと、相談なんですが、うちの生物部ではヒメアマツバメとイワツバメを研究しています。彼らは一つの建物内に時期的な住み分けをしています。このヒメのコロニー(コロニーA)とは別のヒメのコロニー(コロニーB)が少し離れた場所にあります。ところがAとBではどうやらヒメの行き来があっているようなんです(しかも乗っ取り的理由らしい)。これを調べるために、どちらかのツバメに印として羽に染色をしたいんですが、ツバメに害の無い染色物をご存じありませんか?
条件は、
水で落ちない、ツバメに害が無い、遠目からわかる色です。腰の白線辺りを染色するつもりですが…。
何かご存じでしたら、知恵をお貸しください!
Posted by K.M.F. at 2006年06月29日 01:23
マーキングですか。うーん。鳥の場合は普通、足環を使いますよね。
アサギマダラのマーキングなんかでは、油性フェルトペンを使う様ですが、鳥の羽にはどうでしょうね。やったことがないので判りません(^_^;)

しかし、ツバメの繁殖期なんて短いもんなんだから、巣立つまで我慢してやれば良いのにね。おっしゃる通り、その店には良いことはないでしょうね。蟲にいっぱい涌いてもらいましょう(^_^;)
Posted by 館長(プ) at 2006年06月29日 10:43
毎度毎度私事で申し訳ありませんm(__)m
ツバメへのマーキングの件ですが、ヘアマニュキア等の、髪の毛に塗ったり、髪を染めたりするようなもので行うという案があがっています。私的に羽づくろいなどで口に入ったり、染めた羽の皮膚から体に入ったりで影響が無いか心配です。やはり足環などの装着物にするべきなのでしょうか…。足環だと確認の際にまた捕まえる必要があり、ツバメに負担をかけるのではと思うと決めかねます。油性ペンなどで羽の先の方を着色するだけでもよさそうですが、やはり口に入る心配が…。食紅という案もあったりします。雨の心配がありますが。やはり、彼らの安全第一ですしね。植物由来のものなら大丈夫なのか…?

ちなみに、保護したツバメはインコに対して一方的好意を抱き、餌をもらおうと口を開けたりします。親だと思っているのか、よっぽど切羽詰まっているのか…。
インコは恐がっているのですが、こどもの鳥が多種の成鳥に餌をねだることって珍しいのでしょうか?
身近な気がしますが、まだまだ謎めいた生きものですよ、ツバメって。
Posted by K.M.F. at 2006年06月30日 01:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。