2006年07月05日

何ガエルかな?

tadfrog2.jpg先日、某所で採取してきたオタマジャクシが、早くも上陸してきました。
6月11日に採取した時は、オタマの玉(?)が小豆粒ぐらいだったのですが、3週間あまりで上陸。この異常な早さは…。

採取した場所に(可能性も含め)産卵するカエルは、ニホンアカガエル、ヤマアカガエル、トノサマガエル、ダルマガエル(名古屋種族)、ニホンアマガエル、シュレーゲルアオガエル、モリアオガエルといったところなのですが、採取したのは田圃の畦内なので、この中でモリアオガエルの可能性は低いでしょう。

オタマジャクシの見分け方というのを調べてみて、色々と特徴があるみたいなのですが、いくら見ても私には全然判らない(^_^;)
例えば、最も判りやすいのはアマガエルらしく、眼が離れているという特徴があるらしいのですが、私が採取したオタマは、眼が離れていると言えば離れているし、離れていないと言えば離れていないし、さっぱり判らんかった(~_~;)
背中の斑紋とか、尻尾の付き方とか、腹の色とか、他にも種によって特徴があるみたいなんですけど、いくら見てもウチのオタマは、斑紋なのか斑紋なのか判らん模様、尻尾が何処から出てるのか見分けがたい、腹の色は白とも銀色とも灰色とも言えば言える…。

それでも上陸してきたら判るかな?と、これまた気軽に考えていましたが、果たして上陸してきたのに、やっぱり全然判らん(TOT)
tadfrog.jpgただ、四肢の吸盤の発達具合からして、ツリーフロッグ系かな?と。そうなるとアマガエルかシュレーゲルアオガエルの可能性が高いのですが、上陸が早いオタマと言えばアマガエル。じっと見ていると顔も、とーってもアマガエルっぽい。吻端が丸くて短くて。
でも、このぐらい尻尾が短くなっても、アマガエルの特徴である鼻から鼓膜へかけての黒線が出てないし、色も緑ではなく、緑がかった茶色だし、一体コイツは何者なんだろう(^_^;)


まあ良いか。何ガエルでも、オタマからカエルになるのは嬉しいものです。もう少しすれば正体も判明するだろうし、とにかく楽しみは多いです。
尚、採取したのは3匹でしたが、そのうち2匹が既に上陸しました。1匹はまだ後肢も生えていないので、コイツも果たして何者なのかと、疑問は尽きません。オタマの時は3匹とも全く見分け付かなかったんですけどねぇ(^_^;)

上陸したオタマ(既にカエル?)たちは、昨年カナブン飼ってた(その後放置していた)腐葉土ケースに涌いたショウジョウバエを、機嫌良く食べている様です。
毎日、有り得ない数のショウジョウバエが涌いてくれるので、しばらく餌には困りません…。
posted by 水族館長 at 12:35| Comment(4) | TrackBack(0) | 気を取り直して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
顔の形と指先?の吸盤で「アマガエルだ!」と思ったのですが、黒線がないのですね・・・?なんでしょうね。体色はうちのアマガエル、全然緑じゃありません。まさにミズゴケ色です。なので「緑じゃなくてもアマガエル」はありですが「黒線なくてもアマガエル」はどうでしょうね(^^;

>有り得ない数のショウジョウバエ
うちのカブクワケースの周りにも、恐ろしい数のショウジョウバエがいるんですが、ケロロの秘密基地、そっちに移したほうが餌取りが楽になりそうですな・・・。けれど1日中暗いその場所は、ケロロにはどうなんだろうと思うと動かす勇気がありません。ケロロに明るさは必要なんでしょうか?
Posted by じょんじょん at 2006年07月06日 09:24
じょんじょんさん、こんにちは。
アマガエルは色が変わりますからねぇ。黒線も幼体のウチはハッキリしないこともあるみたいだし。
でも実は、下の写真のは、また顔つきが変わってきて、シュレーゲルっぽくなってきてました。上のは尻尾もなくなってトノサマガエルっぽい顔になってきてます(^_^;)
ただ、毎日変貌するし、見る角度によっても色々に見えるんで、やっぱりよく判らないです(^_^;)

> ケロロに明るさは必要なんでしょうか?
爬虫類の様に紫外線が必須という訳ではないですが、1日中暗いのはやっぱりマズイかもですね。
ショウジョウバエの効率的な集め方(+それをカエルケースに逃さず入れる方法)を、私も知りたいです(TOT)
Posted by 館長(プ) at 2006年07月06日 11:16
一日中暗いのは、やっぱりあまりよくないですよね。明るいところにもアマガエルはいますものね。教えていただいてありがとうございます。ということで、やっぱりカブクワとは一緒に置けない。ということは・・・
>ショウジョウバエの効率的な集め方(+それをカエルケースに逃さず入れる方法)
私も知りたいです〜。生きたまま、逃がさずにってのがポイントですね。カブクワのところにはほんとにたくさんいるんだけどなぁ。
最近ケロロはシジミチョウばっか食べてるので、違うもの食べさせてあげたい今日この頃です。
Posted by じょんじょん at 2006年07月06日 22:47
じょんじょんさん、新記事に書きましたけど、どうやら一匹はシュレーゲルの様です。

ケロロの餌ですが、そろそろ水辺に行くとカゲロウとかトビケラとか涌き出すと思いますよ。夜に川辺の街灯の周りなどで飛び回ってるヤツ。
私も、梅雨が明けたら採りに行こうかと思ってます。
カエルは体の割に口がデカイので、けっこう大きな虫でも食べますね。
Posted by 館長(プ) at 2006年07月07日 11:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。