2006年07月19日

サンショウウオとカブトムシ

kasumi.jpg
このところ無尾目ばかり採り上げていたので、久しぶりにカスミサンショウウオの写真も貼っときます(^_^;)
アカムシを狙っているのかいないのか…。まあ順調に大きくなっています。
サンショウウオは、カエルほど口が大きくないし細身なので餌の確保は問題なしです。ワラジムシ、アカムシなど、動く餌は何でも食べるので、適当にばらまいています。
問題は暑さに弱いこと。カエルなら直射日光さえ当たらなければ、密閉して蒸れさせたりしなければ、このクソ暑い夏でも普通に室内常温で飼えるのですが、(サンショウウオの中では特に暑さに強いのだが)カスミサンショウウオの場合は25℃が限界。
と言うことで、もちろん水槽用クーラー買う金は無し、部屋のクーラーつけっ放しとくほど余裕無しで、発泡スチロールのクーラーボックスに保冷剤を入れて飼育しています。
毎朝、毎晩の保冷剤の入れ替えがもう大変。旅行にも行けない(TOT)

kabuto.jpgこちらは説明する要もないけど、ごく普通のカブトムシ。両生類とは縁もゆかりもなく、どちらかと言えばヤドカリの方に縁が近いですが、前にカナブンの写真を貼ったので、こちらのブログで(^_^;)
カナブンも同じ場所で(昨年)捕まえたものですが、こちらも、とある街の神社(の外れ)で捕まえました。山行きゃいくらでもいるカブトムシですが、今時は街中にいるWC個体は珍しいかと…。

この社の森。道路工事で、森は随分と削られてしまいましたが、まだまだ(立ち入り禁止の場所に)櫟の巨木が何本か残っているので、カブトムシがいるという噂が前からありまして。昨年から(立ち入れる場所で)探していました。
何度か、夕方あるいは早朝に境内の櫟の木を見に行き、コクワガタの姿は(網の届かない場所に)見ましたが、カブトムシは残念ながら見付けることができず。一度、夜に行った時などは、誰かが木に蜜を塗ったらしく、無数のゴキブリが涌いていたりもしました(^_^;)
ある朝、その木の根元が無残に掘り返されていまして、その所為かどうかは判りませんが、その後は同じ木にコクワガタは疎か、カナブンの姿さえ見られなくなり、諦めました。

今年は、梅雨の合間を縫って、息子を連れて行ってきました。
昨年噂のあった木には、カナブンの姿さえ見えず。それもそのはず樹液はすっかり枯れていましたから。でも別の木の梢で、すんなりとカブトムシを発見。
いや、興奮しました。何しろ二十数年ぶりに見たので(^_^;)
もちろん、ここ最近も山では姿を見たことはありましたが(拝むだけならホームセンターでも)、街中でWC個体を見るのは二十数年ぶりという意味です。
posted by 水族館長 at 16:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 気を取り直して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21036952
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

サンショウウオ
Excerpt: サンショウウオサンショウウオ亜目Cryptobranchoidea生物の分類|分類界: 動物|動物界 門: 脊索動物|脊索動物門 亜門: 脊椎動物|脊椎動物亜門 綱: 両生類|両生綱 目: 有尾目(サ..
Weblog: 動物辞典
Tracked: 2006-08-01 10:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。