2006年07月24日

水族館スポンサー急募(本音)

他、二つのブログでは単純にURLだけ貼りました(左下のRSS)が、こちらでは少し本音を吐露します。
十脚目通信は、当初NPO設立を睨み開設しました。方法は間接的ではあれ、環境保護や自然保護を目的としていますから、NPOという形がしっくりくるかと思いまして。
NPO設立目的という気持ちは、未だにもちろん持ち続けていますが、特に形にこだわる必要はないとも最近は思い始めています。

世間に数多存在するNPOやNGO、その他の団体などについて色々と調べていると、どうもその大半が一般市民からの会費(寄付)を主な収入源としています。(私も他人のことは言えませんが)高邁な理想を実現するためには、もちろんボランティアの力によるところが大きいのは解りますが、中には「協力するためには会費を払って入会」しなければならない様な団体もあります。
これは何かおかしい。
高い志を実現するには、継続可能な事業性がなければ不可能です。事業と名のつく限り、団体の存続(だけ)のために寄付を募り、さらにボランティアとして労働を要求するなど、あって良いことではありません。
そう考えると、NPOとは一体何なのか、私は大きな疑問を感じるのです。
営利を目的としないとは言え、NPOは事業団体であって然るべきです。それならば金を払って雇ってもらうスタッフなど、あって良いはずはありません。

Deca-J水族館は、継続可能な事業としての設立を目指しています。即ち、スタッフに賃金が払える事業組織として設立したいと考えています。食うや食わずでは、志もクソもあったものではありませんからね。
その手始め。起業資金として、心ある企業・法人・個人からの援助を待望しています。見返りとして、当然ながら(営利目的の)広告効果を期待していただいて結構です。

尚、私は館長を名乗っていますが、これとても別に拘っている訳ではありません。「金だけ出して口を出すな」という意味合いのことを別のブログで言っていますが、もちろん冗談ですので。
志の高い企業が、たまさか水族館等を立ち上げようと計画している様な場合、Deca-J水族館のアルゴリズムごと引き受けてもらえれば(業務委託でも何でも)、むしろその方が先々楽でもあります…。
ただ、水族館は(形がどうなるか判らないので)別にして、十脚目通信そのものは営利を目的とはしません。

http://decapod.or.tv/argument/donations.html
posted by 水族館長 at 15:55| Comment(5) | TrackBack(0) | 気を取り直して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
正直なところを言えば、スタッフやスポンサーよりも館長を募集したいところ(爆)
Posted by 館長(プ) at 2006年07月24日 16:05
趣旨は違うかも知れませんが、私の身近では「鳥獣保護センター」がありまして、NPOなんですが、お金を払って会員になると、情報通信が入ったり、協力している獣医さんの講義(野生動物保護について)が受けられるという感じになっていますよね。
会員の会費(入会金)は、学生会員や、一般会員などありますが、学生だと千円やそこらでしょうか。あとは、そこでは墜落ヒナ等の世話もしているので、募金もあってますね。ちなみに、雛達の世話は獣医さんや学生ボランティアのかたがなさります。だから、協力している獣医さんの病院にも募金箱があったりしますね。
こんな感じで、知識と理解ある獣医さんやボランティアを募ってみるのが宜しいかと…。

高校生の身分では、あまり偉そうなことが言えません、ごめんなさいm(__)m!
Posted by K.M.F. at 2006年07月25日 01:08
K.M.F.さん、おっしゃる通り。そういう歴としたNPOもあって、理想的な活動をされているところも多いです。
ただ、(高校生にこんなこと言うのも何ですが)事業計画出すときに、収入の欄を「会費収入」と見込んでおくのが一般的で、それだけが目的になってしまっているNPOもたくさんあるんですよ。
そんなのショウモナイので、館長は、歴としたNPOの方を目指しているのですが、何しろ対象とする生き物が“法的には虫けら未満”で、かつ“世間の認知度が低い”ので、なかなか誰にも興味を持ってもらえないんですよね(TOT)

K.M.F.さんの様に、若い方に興味を持ってもらえるだけでも館長は感謝感激しています。
君たちが大人になった時、“そこら辺の生き物を飼えなくなる”なんてことになっていない様に、館長は頑張りますp(^^)q
Posted by 館長(プ) at 2006年07月25日 10:43
鳥獣保護センターの方も、経費や政府(主に都道府県単位)からの待遇などには難しいものがあるとおっしゃっていらっしゃいました。なにやら市の環境保護課的なところに頼み、名義をかしてもらって人集めをしたり、会合(講義)を開いたりしているという話も聞きました。どのようにしても、やはり経費は特に厳しいそうです。鳥獣保護センターも、以前は政府からお金が出ていたらしいんですが、「動物どころじゃない・経費がかかりすぎ」という理由やらで、いまやNPOですよ。
人間のせいで危機に瀕していたりする生きものや、人間により追いやられている生きものに手を差し伸べるのを躊躇するなんて、あまりにも身勝手ですよね…。私個人の意見で恐縮ですが、追いやる人間がいるなら、守ってあげる人間と組織も必要ですよ。少しずつでも現状を伝え、協力してくれたり理解してくれる人の輪を広げていく必要があると思います。
いつも私たち人間は気付くのが遅いので。

手遅れになる前に手立てを打ちたいものですがね…。…難しいです…。


よく知りもしないくせに色々と勝手に述べてしまい、申し訳ないです…m(__)m。
Posted by K.M.F. at 2006年07月26日 01:38
壊してしまった自然環境を、(まともに戻るものではないですが)戻すのには莫大なお金がかかります。それに比べると、環境保全にはそれほどのお金はかかりません。
それでも、行政や企業、そしてマスコミには何も期待できないんです。環境保全よりも(名称だけの)環境再生の方がインパクトが強いのでね(^_^;)
保全というのは「何も手を触れないこと」と勘違いしている人も世間に多いですし。

K.M.F.さん、今は関係ないと思っても、学校の勉強はしておいた方が良いですよ。館長は若い頃、遊び呆けていたので、今になって困ってます(TOT)
世の中、何をやるにもお金が必要です。スポンサーから資金援助受けるにもお金が必要ですし、公共の助成金も金のないところには出ないし、金融機関も金のないヤツには金貸さないんですよ(^_^;)
本当は、こんな夢の無いことを言わないで、努力と真心が通じる世の中だということを、若い君たちや、もっと小さい子供たちにも見せてやりたかったんですけど、このところ館長には無理かも?と凹んでます(TOT)
でも、諦めない姿だけは見せていきたいです。
Posted by 館長(プ) at 2006年07月26日 12:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21318848
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。