2006年09月29日

脱いだ脱いだ♪

molts.jpg
見事に脱ぎました(^_^;)
上の写真は、死んでるんじゃないですよ。歴とした脱皮カスです。
この阿波之蟹。我家に来て2回目の脱皮になります。捕まえてきた当時、既に成体に近いアカテガニでしたが、これで完全に成体ということになるでしょうか。予想通り1年に1回の脱皮ペースです。

アカテガニが脱皮するのは水の中。真水です。自然界でもちょっとした水溜り等に脱皮カスが見られることがあります。普通に考えて、水の中の方がスルリと脱皮しやすいでしょうからね。アリ等に脱皮後の柔らかい体を齧られることもないし、何より脱皮後に水分を吸収しやすいですから。
飼育下でも、ちょっとしたタッパに水を入れて置いておくと、そこで脱皮します。つまりオカヤドカリの飼育環境と非常によく似た環境で飼える生き物という訳です。餌も同じですしね。
但し、間違っても混育はしないでください。アカテガニの強力な鉗脚はオカヤドカリにとって脅威ですし、オカヤドカリの強力な鉗脚と好奇心旺盛な性質は、(特に脱皮直後の)アカテガニにとって脅威ですから。

で、下の写真が脱皮カスの中身。と言うか本体です(^_^;)
まだソフトシェルクラブですね。この状態で唐揚にすると(以下省略)
redhand2.jpg
posted by 水族館長 at 10:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 気を取り直して | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
海なし県の埼玉県人には、山間に住んでてサワガニを知っている人以外は、カニってすごく珍しい生物なんですよね。
この大きさこの形のカニを見て思い出すのは、珍味としての乾燥カニしかありません。このアカテガニとかベンケイガニって、あれの原料なんでしょうか。
写真を見て思ったのですが、脱皮殻の方のも脚毛はふさふさしてますね。(笑)
Posted by しゅりん風 at 2006年10月01日 23:04
あのカリカリのカニ。旨いんですよね(^_^;)
あれはでも、モクズガニの小っこいヤツじゃなかったかな? 多分、輸入物だから上海ガニになるかな??
川を遡上してくるのを一網打尽にしやすそうですし…。

アカテガニとかは食べないと思いますよ。何処やらで砕いて水に溶いて絞り汁を頭痛薬にするところがあった様な…。
Posted by 館長(プ) at 2006年10月02日 10:30
お邪魔します。

あのおつまみの小ガニはワタリガニ科の小さい種類のカニです。
Posted by &oh at 2006年11月10日 23:02
&ohさん、お返事がエライ遅くなってすみません<(_ _)>
> あのおつまみの小ガニはワタリガニ科の
そう言えば、ガザミチックなカニだった様な(^_^;)
イシガニか何かですか。たまに(魚の)養殖場に湧くとか。嫌われ者なのでツマミにされちゃうとかですかね(TOT)
まさかチチュウカイミドリガニとか言うことは…、無いと思うのですが(~_~;)
Posted by 館長(プ) at 2007年01月06日 18:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24601316
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。